ホーム > お知らせ > 『核開発時代の遺産』出版記念シンポジウムのご案内

『核開発時代の遺産』出版記念シンポジウムのご案内

『核開発時代の遺産』出版記念シンポジウムのご案内

このたび昭和堂より『核開発時代の遺産』(若尾祐司・木戸衛一編)が
刊行されました。本書は、2015~17 年度科学研究費プロジェクト「冷
戦期欧米における「核の平和利用」の表象に関する研究」(科学研究費
補助金・基盤研究B(15H03257)、代表・木戸衛一)での共同研究を
さらに拡充させたものです。(目次等は以下のページをご参照くださ
い:http://www.showado-kyoto.jp/book/b309758.html)
つきましては、下記の要領で出版記念シンポジウムを開催いたした
く、ご案内申し上げます。事前申し込みは不要です。多数の方々のご
来場をお待ちしております。


日時:2017 年10 月28 日(土)14 時~17 時30 分
場所:同志社大学今出川キャンパス良心館306 号室
(会場までのアクセスは、URL を参照:https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/list.html)
14:00~15:20 ドキュメンタリー映画「ハンヒキヴィ・ワン」「墓穴を掘る」上映
(オレグ・ボドロフ監督、原水爆禁止日本協議会/アリプロダクション、2014 年、計70 分)
★「ハンヒキヴィ・ワン」:フィンランド・ハンヒキヴィ半島での原発建設予定に抵抗する女性を描く。福島原発
事故後も原子力を推進し、世界で初めて高レベル放射性廃棄物処分場を決定した「原子力先進国」の裏面。
★「墓穴を掘る」:ロシアが進める放射性廃棄物の最終処分計画に反対する現地住民、NGO、識者を描く。ロシ
アの提供する安価な最終処分場事業は、問題を抱える日本に魅力的にうつるが、果たして実際の状況は?
解説:佐藤温子(執筆者、香川大学非常勤講師)

休 憩

15:30~17:30 『核開発時代の遺産』合評会
評者:加藤哲郎(一橋大学名誉教授)、
金聖哲(ソウル大学統一平和研究院教授)
応答:若尾祐司(編者、名古屋大学名誉教授)、
山本昭宏(執筆者、『核の恐怖全史』訳者、
神戸市外国語大学准教授)
司会:木戸衛一(編者、大阪大学大学院准教授)

連絡先:木戸衛一(大阪大学大学院)
06-6850-5628(研究室直通)
ekido@osipp.osaka-u.ac.jp

このページのトップへ

関連書籍

核開発時代の遺産

核開発時代の遺産

未来のために核開発の歴史を直視する

 
 

このページのトップへ