ホーム > 農業と経済2010年8月臨時増刊号

農業と経済2010年8月臨時増刊号

進化する農村ツーリズム―協働する都市と農村

著者 「農業と経済」編集委員会
シリーズ 農業と経済 > 雑誌 > 臨時増刊号
出版年月日 2010/08/01
雑誌コード 0731008
判型・ページ数 A5
定価 本体1,619円+税
在庫 在庫僅少
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

I 農村ツーリズムは今
1 進化するグリーン・ツーリズム―体験交流型観光から協働・協発型活性化への展開 青木辰司
2 世界的潮流の中でわが国農村ツーリズムの方向性を考える―インバウンド需要の重要性 大江靖雄
3 協働することで何が変わるのか―都市農村交流の再評価 山田伊澄
4 都市農村交流の類型化と「T型集落点検」の奨め 徳野貞雄

II 進化する農村ツーリズム
1 持続的ボランティア
 (1)ワーキングホリデーが都市と農村を紡ぐ―長野県飯田市のとりくみから 井上弘司
 (2)協働の先駆者から―阿蘇野焼き支援ボランティアの10年 高橋佳孝
 (3)京都土の塾のとりくみ―塾長八田逸三氏へのインタビューから 中村貴子
2 学生の力を借りる
 (4)都市と農村を結ぶ基礎づくり―日本の農業に一生を賭ける!学生委員会、SOLA 鵜澤佳史・中森剛志・藤原智子
 (5)研究室と集落を協働でつなぐ―「風わたる里うえやま」との協働 柏尾珠紀
 (6)学と協働した昆布オーナー制度 長野 章
3 教育を通じた協働
 (7)教育ファームにみるコミュニティ再生の胎動―自給と自治で新たな結びあい 蜂屋基樹
 (8)“子ども農山漁村交流プロジェクト”による協働のとりくみ 花垣紀之
 (9)食といのちの学びを支援―酪農教育ファーム活動における学びのカタチ 松原明子
【コラム】
・米づくりツアーのとりくみから―秋田県横手市十文字町 永島敏行
・被災地の復興から交流の場へ 大桃美代子
・訪日外国人旅行者のニーズ―農協観光のとりくみから 石井唯之

III 海外の農村ツーリズムの今
1 60年の歴史を持つフランスの農村ツーリズム 大島順子
2 ドイツにおける農村ツーリズム 鈴江恵子
3 ルーマニアにおける農村ツーリズム 呉羽正昭・伊藤貴啓
4 アメリカのアグリツーリズム 近藤和美
5 中国固有の農村ツーリズム“農家楽” 高田晋史

(巻末)農村ツーリズム さがす/調べる には?

このページのトップへ