ホーム > 地域研究 11巻1号

地域研究 11巻1号

地域研究 11巻1号
著者 地域研究コンソーシアム『地域研究』編集委員会
ジャンル 社会
人類学
歴史・地理
政治・政治哲学・法学
地域研究
シリーズ 地域研究
出版年月日 2011/04/01
ISBN 9784812211151
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

【特集1 金門島研究――その動向と可能性】
[特集にあたって]地域研究の対象としての金門島(川島真)
[座談会]金門島研究の魅力と課題(陳来幸・貴志俊彦・川島真)
[論文]僑郷としての金門――歴史的背景(川島真)
     軍事化・記憶・金門社会――1949~1992年(マイケル・スゾーニ)
     国家、地方社会とジェンダー政策――戦地金門の女性の役割およびイメージの再現
    (江柏●/マイケル・スゾーニ)

【特集2 メディエーションとしての地域研究】
[特集にあたって]プラクシス・行動のための知識(阿部健一)
[論文]学びあいのメディアとしての映像記録
     ――中スラウェシの山村トンプにおける実践から(島上宗子)
     「Iターン」生活から考える都市‐農村交流と農村調査(石山俊)
     国際協力でのメディエーション――研修を豊かにするために(北田多喜)

このページのトップへ

内容説明

【特集1 金門学研究―その動向と可能性の現在】
中国・厦門の沖合いに浮かぶ台湾領・金門島。軍事最前線として歴史の中に封じ込められてきたこの島が、いま注目されている。
【特集2 メディエーションという地域研究】
「よそ者」としての地域研究者が、いかに地域に貢献できるのか。

このページのトップへ