ホーム > 家庭フォーラム 19号

家庭フォーラム 19号

特集:親学とは何か

家庭フォーラム 19号
著者 家庭フォーラム編集委員会
ジャンル 教育
シリーズ 家庭フォーラム
出版年月日 2008/12/01
ISBN 9784812208588
判型・ページ数 A5・64ページ
定価 本体476円+税
在庫 品切れ・重版未定
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

特集:親学とは何か
「親学誕生の背景と基本理念」高橋史朗(明星大学教授・親学推進協会理事長)
「親も学ぶ、親も成長する――親学への取組み」大江弘(PHP総合研究所)
「親学とは何か」丸山敏秋(社団法人倫理研究所理事長)
「親でなければできない教育」川越淑江(教育評論家)

連載
人をつくる教育(第5回)
おかあちゃんだより(第4回)
国際ボランティアの現場から(第10回)

新連載
家庭・家族の俳句(中田雅敏・八洲学園大学教授)

このページのトップへ

内容説明

「親が変われば子どもも変わる」――最近、親が子育てに不安を覚えるような事件が起きている。そこで「親学」の専門家から「親として学ぶべきこと」「親と子のありかた」について話を聞いた。

このページのトップへ

関連書籍

家庭フォーラム 25号

家庭フォーラム 25号

特集:過保護・過干渉

 
家庭フォーラム 24号

家庭フォーラム 24号

特集:子どもといっしょに体力づくり

 
 

このページのトップへ