ホーム > 海民の移動誌

海民の移動誌  新刊

西太平洋のネットワーク社会

海民の移動誌

先史時代から現代まで、海の上のネットワークはどう機能したのか。海に生きる人々とそれに伴う資源の移動から、海上の歴史に迫る。

著者 小野 林太郎
長津 一史
印東 道子
ジャンル 人類学
考古
出版年月日 2018/03/30
ISBN 9784812217184
判型・ページ数 A5・400ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 序論

第1章 海民の移動誌とその視座(小野林太郎・長津一史・印東道子)
第2章 海のエスノ・ネットワーク論と海民――異文化交流の担い手は誰か(秋道智彌)
第3章 マダガスカル島と海域アジアを結ぶネットワーク(飯田卓)

第Ⅱ部 東南アジアの海域世界

第4章 海域東南アジアの先史時代とネットワークの成立過程
     ――「海民」の基層文化論(田中和彦・小野林太郎)
第5章 耳飾が語る金属器時代東南アジアの海域ネットワーク(深山絵実梨)
第6章 東南アジアにみる海民の移動とネットワーク
     ――西セレベス海道に焦点をおいて(長津一史)
第7章 〈踊り場〉のネットワーク――モーケンと仲買人の関係性に着目して(鈴木佑記)

第Ⅲ部 東アジアの海域世界

第8章 海を渡り、島を移動して生きた最初期の「海民的」人びと
     ――宮古・八重山諸島の先史時代からみた海域ネットワーク(山極海嗣)
第9章 中世・近世期における八重山諸島とその島嶼間ネットワーク(島袋綾野)
第10章 糸満漁民の移住とネットワークの動態(玉城 毅)

第Ⅳ部 オセアニアの海域世界

第11章 先史オセアニアの海域ネットワーク
     ――オセアニアに進出したラピタ人と海民論(小野林太郎)
第12章 オセアニアの島嶼間ネットワークとその形成過程(印東道子)
第13章 ムシロガイ交易からみる地域史
     ――進行形のネットワーク記述に向けて(深田淳太郎)

このページのトップへ

内容説明

先史時代から、海を生活の舞台とした集団=海民。かれらは、現代に到るまで広大な海の上にネットワークを形成し、移動、交流を続けてきた。しかし、その全体像は、その広大さもあって、判然とはしていない。本書は、彼ら「海民」の移動と交流の実像を,考古学と人類学の立場から明らかにする。

このページのトップへ