ホーム > 移動と移民

移動と移民  新刊

複数社会を結ぶ人びとの動態

移動と移民

いまや移動は現代社会を読み解くキーワード。その主体も背景も千差万別。世界各地の事例から人類普遍ともいえる移動の本質を読み解く

著者 栗田 和明
ジャンル 社会
人類学
地域研究
シリーズ 地域研究ライブラリ
出版年月日 2018/03/30
ISBN 9784812217108
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 移動の広がり

 第1章 人の移動の普遍性―定住者の視点を離れて
 第2章 南アフリカのグローバル特区と移動者
      ―市民/非市民の分断と部分的つながり
 第3章 訪日外国人旅行者の訪問先の分布
      ―スマートフォンGPSデータの解析より
 第4章 カトリック聖職者のフィリピン訪問
      ―養成中の修道者が通う語学学校をてがかりに

第Ⅱ部 移動先と故地

 第5章 「ソーシャリスト・モビリティーズ」の現代的展開
      ―ベトナムとソ連・ロシアとの関係を中心に
 第6章 韓国滞留アフリカ人の移動と集合
      ―首都ソウルのイテウォンと郊外アンサンの比較から
 第7章 ベトナムから韓国への労働移動
      ―ベトナム流コミュニティの形成と改変
 第8章 中国から東アジア諸国への労働「移植」
      ―人材募集会社による移住管理システム

第Ⅲ部 移動する者の生活戦略

 第9章 在日アフリカ人と東アジア交易
      ―ヒップホップ文化をめぐる人とモノの移動
 第10章 中国系ニューカマーズがもたらす地域社会の変容
      ―東京豊島区池袋地区とミラノ市サルピ地区の比較から
 第11章  シンガポールの日本人社会
      ――海外駐在家庭を中心としたエクスパトリエイト・コミュニティ

このページのトップへ

内容説明

いまや移動は現代社会を読み解くキーワード。国境を越えて学歴社会を渡り歩く中国人、安価な商品を求めてアジア各地とアフリカ諸都市間を行き来するアフリカ人交易人など、その主体も背景も千差万別。世界各地の事例から人類普遍ともいえる移動の本質を読み解く。

このページのトップへ

関連書籍

アジアで出会ったアフリカ人

アジアで出会ったアフリカ人

国際統計に表れないもう一つのグローバル化

著者:栗田 和明
 
 

このページのトップへ