ホーム > ドゴールと自由フランス

ドゴールと自由フランス  新刊

主権回復のレジスタンス

ドゴールと自由フランス

本国を失ったフランスとドゴールはいかに主権を勝ち取ったのか。

著者 渡辺 和行
ジャンル 歴史・地理
政治・政治哲学・法学
出版年月日 2017/12/25
ISBN 9784812217023
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体5,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

はじめに

第1章 自由フランスの誕生
 第1節 敗戦とドゴール
 第2節 ロンドンのフランス人
 第3節 自由フランスの誕生

第2章 領土の獲得
 第1節 南太平洋・アフリカ
 第2節 連合国との軋轢
 第3節 北アフリカ上陸

第3章 中央政府の樹立と国民の支持
 第1節 植民地防衛評議会からフランス国民委員会へ
 第2節 全国抵抗評議会
 第3節 フランス国民解放委員会

第4章 フランス解放と主権の回復
 第1節 コルシカ解放と諮問議会の成立
 第2節 フランス共和国臨時政府
 第3節 パリ解放

むすび

このページのトップへ

内容説明

ドイツの支配から主権を回復しようとする「フランス」は、決して一枚岩ではなかった。本国を失ったフランスとドゴールはいかに主権を勝ち取ったのか。当初、決してレジスタンスの中心にいたわけではないドゴールを軸に、生々しく主権奪回のための戦いを描き出す。内部の権力闘争、対戦参加国の思惑が渦巻く、歴史の真実に迫る。

このページのトップへ