ホーム > 明日をつくる地域金融

明日をつくる地域金融  新刊

イノベーションを支えるエコシステム

明日をつくる地域金融

ITの進歩により変貌を遂げる地域社会で、金融の役割はどうあるべきか?金融から地域にイノベーションをもたらすための処方箋。

著者 内田 聡
ジャンル 経済・経営
出版年月日 2017/11/25
ISBN 9784812216354
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序 章 社会の変革をグローカルに読み解く

◆第1部 これからの地域金融機関に求められるものは何か
     ――協働・協創のエコシステムの世界で

第1章 地域社会はエコシステム化する
第2章 フィンテックは金融分野のエコシステム化だ

◆第2部 地元資本が支えるアメリカ経済
     ――「メインストリート」金融の強みに学ぶ

第3章 アメリカ金融システムの全体像
第4章 リレーションシップバンキング(地域密着型金融)
第5章 メインストリートの金融を支える仕組み
第6章 対立を深める銀行とクレジットユニオン(信用組合)
第7章 メインストリートにも及んだリーマンショック
第8章 メインストリート金融の行方
第9章 エコシステムで何が求められているのか

◆第3部 地域の疲弊を転換させる地域金融を目指して
     ――日々の取り組みに息吹を吹き込む

第10章 地方創生の推進
第11章 地方における人口減少の核心
第12章 構造転換への対応を迫られる地域金融機関
第13章 転換を迫られる金融行政
第14章 オーバーバンキング論とは何だったのか
第15章 地域金融機関に何ができるか

終 章 日米が読み解くべきトランプ現象の先にあるもの

あとがき

このページのトップへ

内容説明

ITの進歩により変貌を遂げる地域社会で、金融の役割はどうあるべきか? アメリカの実体経済を支えるメインストリートの動向をふまえて日本の地域を考察し、イノベイティブ(革新的)な社会をめざすための処方箋。

このページのトップへ

関連記事

このページのトップへ