ホーム > 大学的徳島ガイド

大学的徳島ガイド

こだわりの歩き方

大学的徳島ガイド

「新あわ学」の特徴である、歴史と現代の両方を見つめる視点から徳島を紹介する。

著者 四国大学 新あわ学研究所
ジャンル 歴史・地理
シリーズ 大学的地域ガイド
出版年月日 2017/07/10
ISBN 9784812216293
判型・ページ数 A5・336ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

はじめに(松重和美)

第1部 歩く――徳島の歴史と人
 阿波の城郭を歩く(須藤茂樹)
 四国遍路の文化(真鍋俊照)
 阿波三盆糖の祖(小笠泰史)
 景観から吉野川について語る(萩原八郎)
 阿波の青石と庭園文化(須藤茂樹)

第2部 楽しむ――徳島のくらしと食
 木頭杉一本乗り「山の男の伝統芸」(フェネリー・マーク)
 徳島人のライフスタイル(加渡いづみ)
 豊かな風土と暮らしが育てた徳島の郷土料理(高橋啓子)
 徳島の多様なめん文化(植田和美)

第3部 感じる――徳島の多彩な文化
 阿波踊り(川内由子)
 『平家物語』に登場する阿波の人々(會田実)
 徳島の文学(友重幸四郎)
 阿波弁の文法(富山晴仁)
 阿波の仏像(田中省造)
 五感で味わう徳島の野外彫刻(居上真人)
 阿波藍(瀬部昌秀)
 藍の家 跡を綴って(野田良子)

あとがき(須藤茂樹・宮井浩志)

このページのトップへ

内容説明

阿波踊り、四国遍路、吉野川を始めとする豊かな自然、徳島ラーメンや阿波三盆糖などの食、2020年オリパラで注目される阿波藍はもちろん、徳島人・阿波女の特徴やマチ★アソビの紹介など、「新あわ学」の特徴である、歴史と現代の両方を見つめる視点から徳島を紹介。

このページのトップへ