ホーム > 世界流通史

世界流通史  新刊

世界流通史

世界の流通史をコンパクトにまとめた通史。洋の東西、古代から現代までカバー。ビジネスの基礎知識としても活用。

著者 谷澤 毅
ジャンル 経済・経営
テキスト > テキスト(経済・経営)
出版年月日 2017/04/30
ISBN 9784812216309
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 流通史の考え方
 第1章 流通史の射程
 第2章 流通を形づくる要素

第Ⅱ部 歴史と経済のとらえ方
 第3章 歴史とは何か
 第4章 ドイツ歴史学派経済学とその誕生の背景――歴史重視の風潮と社会
 第5章 ドイツ史学・ドイツ経済学の系譜
 第6章 全体を見る眼

第Ⅲ部 商業・流通の展開
 第7章 交換の始まり
 第8章 古代地中海地域の商業・流通
 第9章 中世ヨーロッパの商業・流通
 第10章 南北二つの海域通商圏――地中海地域とバルト海・北海地域
 第11章 ユーラシア・ネットワーク
 第12章 世界市場の誕生
 第13章 近世ヨーロッパの商業・流通
 第14章 産業革命の到来
 第15章 大衆消費社会の成立
 第16章 戦後の経済発展と流通――日本を事例として

このページのトップへ

内容説明

まだ交通の発達していない古代においても、「モノ」は商人などの手によって、世界のあちこちへと動いていた。交通手段の発達、情報スピードの高速化といった変化は、流通へ影響をもたらし、「モノ」の価値も変えていった。本書は、壮大なスケールの流通史をコンパクトに学べる恰好のテキスト。

このページのトップへ