ホーム > 新しい視点で考える犯罪と刑事政策

新しい視点で考える犯罪と刑事政策  これから出る本

国際的・比較文化的アプローチ

新しい視点で考える犯罪と刑事政策

日本社会と西欧社会との違いについて、その淵源をたどりながら、その過程で見えてくる新しい視点を通して犯罪と刑事政策を学ぶ。

著者 鮎川 潤
ジャンル 社会
政治・政治哲学・法学
テキスト > テキスト(社会)
テキスト > テキスト(政治・政治哲学・法学)
出版年月日 2017/04/10
ISBN 9784812216156
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 未刊・予約受付中
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

※目次は制作中のもので、確定次第差し替えいたします。

第1章 文化への感受性――ことばと思い込み

第2章 宗教

第3章 経済社会――「プライド」と「グリード」

第4章 女性――犯罪にも言及して

第5章 メディア――出演経験から犯罪報道を考える

第6章 人権――世界的視点から

第7章 芸術と犯罪

第8章 司法――政治家の犯罪を中心として

終 章 明日へ希望を託して

このページのトップへ

内容説明

近代社会として類似に見える日本社会と西欧社会との違いについて、著者の体験・経験とともにその淵源をたどっていく。その過程で見えてくる新しい視点を通して楽しみながら犯罪と刑事政策を学ぶ。

このページのトップへ