ホーム > 多民族〈共住〉のダイナミズム

多民族〈共住〉のダイナミズム  新刊

マレーシアの社会開発と生活空間

多民族〈共住〉のダイナミズム

多民族国家マレーシアにおける民族共住の動向を、1990年と2010年代のフィールドワークをもとに、建築学の視点で描き出す。

著者 宇高 雄志
ジャンル 建築
地域研究
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784812216118
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 進む開発と変貌する多民族社会
第1章 多民族社会における生活空間の変貌を捉えて
第2章 国土開発と国民生活の動向――1990~2010年代

第Ⅱ部 変貌する生活空間と多民族社会――1990~2010年代
第3章 村落――開発と伝統のはざまで
第4章 都心――再編される市街地と観光開発
第5章 周縁――継承されたフロンティア空間
第6章 郊外――落日の郊外団地と膨張する首都圏

第Ⅲ部 多民族〈共住〉のこれから
第7章 民族共存と生活空間の継承にむけて

このページのトップへ

内容説明

多民族国家マレーシアにおける民族共住の動向を建築学の視点で描き出す。1990年と2010年代のフィールドワークをもとに,カンポン(村),世界遺産都市,開発フロンティアの新都市,斜陽化する団地,新首都造営地など,開発により変貌する生活空間の20年間を論じる。

このページのトップへ

関連書籍

建築学のすすめ

建築学のすすめ

高校生から読める建築学の入門書。

 
 

このページのトップへ