ホーム > マルサス書簡のなかの知的交流

マルサス書簡のなかの知的交流

未邦訳史料と思索の軌跡

マルサス書簡のなかの知的交流

未邦訳書簡を含む経済学者の生々しい思索の軌跡と知的交流。

著者 柳田 芳伸
山﨑 好裕
ジャンル 経済・経営
出版年月日 2016/11/30
ISBN 9784812216071
判型・ページ数 A5・356ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

マルサス書簡一覧表

第一章 マルサス=ゴドウィン人口論争の一展開
    ――マルサスのゴドウィン宛て書簡(1798年8月20日)を中心に

第二章 『人口論』第二版書評以降のA・ヤングとマルサスとの知的交流

第三章 救貧法改革におけるウィットブレッドとマルサスの交流

第四章 マルサスとパーネル
    ――アイルランドの一〇分の一税制度の改革と関連して

第五章 地金論争期におけるジェフリー、ホーナーとマルサス
    ――ホーナーの金融思想に与えたマルサスの影響を中心に

第六章 救貧法をめぐるマルサスとチャーマーズ

第七章 マルサス植民政策論の態様と変遷
    ――ウィルモット‐ホートン宛マルサス書簡の調査から

第八章 マルサスとケンブリッジ帰納論者
    ――ヒューウェル宛マルサス書簡を通して

このページのトップへ

内容説明

マルサスの未邦訳書簡を含む経済学者との手紙のやり取りから、その知的営みの軌跡を探る。ゴドウィン、パーネル、チャーマーズなど当代経済学者の素顔の交流から浮かび上がるものとは。

このページのトップへ