ホーム > 「農企業」のアントレプレナーシップ

「農企業」のアントレプレナーシップ

攻めの農業と地域農業の堅持

「農企業」のアントレプレナーシップ

新しい農業の創造に必要な「アントレプレナーシップ」のあり方はどのようなものか?「攻め」と「守り」という二側面から詳細に分析。

著者 小田 滋晃 編著
坂本 清彦 編著
川﨑 訓昭 編著
ジャンル 経済・経営
農業・農村・食糧
シリーズ 次世代型農業の針路
出版年月日 2016/12/20
ISBN 9784812216088
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

◆第1部 農業経営体の飛躍を支える理論

◆第2部「攻めの農業」の推進力

◆第3部 「守りの農業」の潜在力

このページのトップへ

内容説明

農業経営の発展と、新しい農業の創造のために必要なのは「アントレプレナーシップ」である――イノベーションに必要な要素を、「攻め」と「守り」の二つの側面からとらえ、地域農業の未来を考える。

「農業経営の未来戦略」シリーズに続く、待望の新シリーズ。

このページのトップへ

関連書籍

進化する「農企業」

進化する「農企業」

シリーズ「農業経営の未来戦略」Ⅲ

著者:小田 滋晃 編著
坂本 清彦 編著
川﨑 訓昭 編著
 
 

このページのトップへ