ホーム > 宗教とジェンダーのポリティクス

宗教とジェンダーのポリティクス  新刊

フェミニスト人類学のまなざし

宗教とジェンダーのポリティクス

同時代の多様な社会における女性の宗教実践を掘り起こし彼女たちの生存戦略を描き出す。

著者 川橋 範子
小松 加代子
ジャンル 哲学・論理学・思想
人類学
出版年月日 2016/11/30
ISBN 9784812216019
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序 章 宗教研究とジェンダー研究の交差点

第1章 フェミニスト人類学がまなざす女性と宗教

第2章 ロマン化されたイメージに抗う――日本における霊山と女性行者

第3章 宗教言説を使う、開く――エジプトのムスリム女性とイスラーム

第4章 宗教と民族の境界を護る、超える――民主化後のミャンマーにおける宗教対立と女性

第5章 仏教儀礼を支える、変える――中国シーサンパンナのタイ族女性と上座仏教

第6章 信じること、あてにすること――インドにおける不妊女性の宗教実践の選択

第7章 日常の中の宗教性――日本におけるスピリチュアリティと女性

このページのトップへ

内容説明

女性にとって宗教は呪縛をもたらすのか? あるいは解放をもたらすのか? フェミニスト人類学のアプローチにより同時代の多様な社会における女性の宗教実践を掘り起こし彼女たちの生存戦略を描き出す。

このページのトップへ