ホーム > 人口論とユートピア

人口論とユートピア

マルサスの先駆者ロバート・ウォーレス

人口論とユートピア

マルサス人口論に最も大きな影響を与えたロバート・ウォーレス。エディンバラ大学所蔵の草稿を解読し、彼の全貌に迫る本邦初の著作。

著者 中野 力
ジャンル 哲学・論理学・思想
経済・経営
出版年月日 2016/06/10
ISBN 9784812215357
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

はじめに

第1章 マルサスの先駆者としてのウォーレスの経済論と人口論――海外四学位論文をめぐって

第2章 ロバート・ウォーレスの宗教論――前期ウォーレス

第3章 1740年代のウォーレス――ウォーレスの経済論の萌芽

第4章 1750年代前半のウォーレス――『人口論』と『従順な服従』

第5章 1750年代後半のウォーレス(1) ロバート・ウォーレスと「『ダグラス』論争」――演劇とスコットランド教会

第6章 1750年代後半のウォーレス(2) ロバート・ウォーレスとジョン・ブラウンの政治・経済思想

第7章 1760年代のウォーレス(1)ロバート・ウォーレスの描くユートピア――人智と神慮との関連で

第8章 1760年代のウォーレス(2)ロバート・ウォーレスとモーペルテュイの幸・不幸論

第9章 1760年代のウォーレス(3)ロバート・ウォーレスとケイムズ卿の自由・必然論

第10章 ウォーレス、ゴドウィン、マルサスの人口論とユートピア――マルサスの先駆者としてのウォーレス

第11章 ウォーレスとマルサスの人口論――ハズリットのマルサス批判を中心に

このページのトップへ

内容説明

マルサス人口論に影響を与えた人物として、スミス、ヒューム、ステュアートらがいるが、誰よりも大きな存在がウォーレスだ。エディンバラ大学所蔵の草稿を解読し、彼の全貌に迫る本邦初の著作。

このページのトップへ