ホーム > 地域研究 16巻2号

地域研究 16巻2号

[総特集]中ロの台頭と欧米覇権の将来

地域研究 16巻2号

[総特集]中ロの台頭と欧米覇権の将来

著者 地域研究コンソーシアム『地域研究』編集委員会
ジャンル 社会
人類学
歴史・地理
政治・政治哲学・法学
地域研究
シリーズ 地域研究
出版年月日 2016/03/31
ISBN 9784812215494
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

[巻頭言]パリ同時多発テロ事件と地域研究者

[総特集]中ロの台頭と欧米覇権の将来

[特集にあたって]戦後の国際秩序の転換――先進諸国から新興経済圏へ(塩谷昌史)

[座談会]国際秩序を変えようとする中国とアジア
     大坪祐介・加々美光行・林幸秀・細谷雄一・塩谷昌史(司会)

第Ⅰ部 マネー――ドル基軸通貨体制の黄昏
     ブレトンウッズ体制とIMFの変容――史的展開と現局面(西川輝)
     中国の金融改革と対外通貨戦略(露口洋介)
     国際原油価格とロシア経済の関係について(安木新一郎)
     ブレトン・ウッズ体制と「知識」――シエラレオネ内戦の研究を事例として(岡野英之)

第Ⅱ部 安全保障と資源の確保――米国の後退と中ロの台頭
     安全保障政策の転換――世界各国の動向(岩田英子)
     核兵器の再登場――ロシアの核政策と変化する欧州安全保障(岡田美保)
     中国とアフリカ――中国の対アフリカ政策と経済進出(尹曼琳)

第Ⅲ部 国力としての科学技術―ノーベル賞を視野に入れる中国
     中国の科学技術の歴史と現状(周少丹)
     ロシアの科学技術情勢――資源大国からの脱皮を模索して(津田憂子)
     電子戦について
     ――防衛科学技術としてみた電子戦技術とその研究開発動向に関する一考察
     (小林正明)

[論文]地域情報学の読み解き――発見のツールとして時空間表示とテキスト分析
     (柳澤雅之・高田百合奈・山田太造)

このページのトップへ

内容説明

[総特集]中ロの台頭と欧米覇権の将来

金融、安全保障、科学技術を軸に、中ロの動向とその国際秩序組み替えへの挑戦を読み解く。

このページのトップへ