ホーム > 子育ての会話分析

子育ての会話分析

おとなと子どもの「責任」はどう育つか

子育ての会話分析

日々繰り返される子育ての悩みにきっと答えてくれる、子育てをめぐる基礎研究の成果報告。

著者 高田 明
嶋田 容子
川島 理恵
ジャンル 社会
人類学
文学・言語
出版年月日 2016/02/29
ISBN 9784812215272
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序 章 養育者-子ども間相互行為における「責任」の形成

第Ⅰ部 養育者-子ども間相互行為におけるトラブルの解消

第1章 触っちゃダメ
     ――2つの「注意」と責任の発達

第2章 言うこと聞きなさい
     ――行為指示における反応の追求と責任の形成

第3章 ん? なあに?
     ――言い直しによる責任の形成

第4章 養育者-子ども間の会話における謝罪表現の言語的社会化

第Ⅱ部 養育者-子ども間相互行為における感動

第5章 子どもと声を合わせたら
     ――声と声との応答責任

第6章 会話のはじめの一歩
     ――子どもにおける相互行為詞「よ」の使用

第7章 家族をなすこと
     ――胎児とのコミュニケーションにおける応答責任

第8章 膝に抱っこして遊ぶ姿勢
     ――共に視て共にふるまう身体と相互行為秩序

このページのトップへ

内容説明

【解説】子どもが言うことを聞かない時はどうしたらいい?もう怒らないと決めたのについカッとなって…。日々繰り返される子育ての悩みにきっと答えてくれる、子育てをめぐる基礎研究の成果報告。

【本書の特徴】幼いお子さんのいる家庭にお邪魔し数年にわたって親と子の関わりの様子をビデオに収録。そうして得られた膨大な量の動画から親と子の会話を分析して、発達の謎に迫っていく。

このページのトップへ