ホーム > 大槌発 未来へのグランドデザイン

大槌発 未来へのグランドデザイン

震災復興と地域の自然・文化

大槌発 未来へのグランドデザイン

震災以前を知る研究者と被災地の人びとが築いてきた関係のなかから生まれるグランドデザインとは。

著者 谷口 真人
ジャンル 社会
環境
出版年月日 2016/03/11
ISBN 9784812215456
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

第Ⅰ部 湧水と生きものたち

第1章 地球と社会と人をつなぐ大槌の湧水

第2章 水文学からみた大槌の湧水

第3章 大槌の水のつながりを考える

第4章 「郷土財」湧水魚イトヨから見る復興まちづくりのかたち

第5章 大槌湾の環境と海洋生物

第Ⅱ部 未来へつなぐまちづくり

第6章 大槌町のローカル・コモンズ

第7章 森里海の循環論

第8章 震災津波からの復興と湧水~笑わば笑え、愛する「まち」への愚かなまでの拘泥~

第9章 大槌町の郷土芸能、それでも前へ進む。

第10章 海辺の風景が蘇るとき

このページのトップへ

内容説明

震災からからの復興は、なにを大事にすべきなのか。壊滅的な打撃を受けた岩手県大槌町を震災前から調査していた研究者たちが、地元と築き上げてきた関係の中から、未来へのグランドデザインを描く。

このページのトップへ