ホーム > 18歳選挙権で政治はどう変わるか

18歳選挙権で政治はどう変わるか

データから予測する投票行動

18歳選挙権で政治はどう変わるか

18歳選挙権で、選挙はどう変わるのか。豊富なデータにより、投票行動や投票率を詳細に分析。新制度の課題と選挙の未来を考える。

著者 飯田 泰士
ジャンル 政治・政治哲学・法学
出版年月日 2016/01/08
ISBN 9784812215258
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

1. はじめに―選挙権年齢引き下げの背景と、その影響・課題

2. 有権者が投票する基準は?

3. 18歳・19歳は、いつ、どのような判断をするか?

4. 18歳選挙権に対する期待と、残される課題

5. 18歳・19歳の投票率を予測する

6. 投票率を上昇させる方法

7. ネット選挙と18歳・19歳

8. おわりに―政治参加の機会の拡大

あとがき―安全保障関連法・伊勢志摩サミットが、若年層の投票行動に与える影響は?

このページのトップへ

内容説明

「18歳選挙権」で、選挙戦はどう変わるのか!? 人口データ、調査結果など豊富な資料をもとに、投票率や投票行動を詳細に分析。新制度の課題をあぶり出し、選挙の未来を考える。

このページのトップへ