ホーム > グローバル化と文化の境界

グローバル化と文化の境界

多様性をマネジメントするヨーロッパの挑戦

グローバル化と文化の境界

グローバル化によって大きく変わる「境界」。近代のグローバル化の口火となり、今また壮大な実験を試みるヨーロッパから学ぶものとは

著者 竹中 克行 編著
ジャンル 哲学・論理学・思想
民俗・文化
歴史・地理
政治・政治哲学・法学
出版年月日 2015/03/20
ISBN 9784812215029
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体3,300円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序 章 世界図にみる文化の境界――ヨーロッパ人がつくった地図と地球儀を再考する
第1章 EUが描くヨーロッパ像――政治経済の枠組みの視点から
第2章 連邦制の動態と政治・文化の境界――ドイツとベルギーの比較において
第3章 地中海サルデーニャに積層する時間――開かれたロカリティがおりなす都市的世界
第4章 規範の交錯するバルト海――エストニアとラトヴィアの「国民」
第5章 文化の仲介者たち――スペインにおける公共サービスの実践と課題
第6章 多文化共生の土壌を育む教育――日本に暮らす外国人の子どもたちとの学びから
第7章 ラテンアメリカとヨーロッパ――国境線を越えた「グアダルーペの聖母」
第8章 アフリカとヨーロッパ――人種主義と収奪の諸世紀を越えて
第9章 移民の墓場と化す地中海――ヨーロッパに求められる応答責任
第10章 和平合意後の北アイルランド――変わりゆくコミュニティ間の境界
第11章 市民社会を鍛える政治の模索――フランスの近隣民主主義
第12章 自決を求めるカタルーニャの背景――それは民族の相克か?
終 章 多文化共生の将来――日本とヨーロッパの経験から

このページのトップへ

内容説明

グローバル化の進む現代、ボーダーレス化も広がる一方で、国益の主張の高まりや世界各地に広がる「外国人街」など、境界の鮮明化や新たな境界が生まれている。そのなかでヨーロッパはEUやユーロという壮大な実験を試みた。そこから学ぶべきものとは。

このページのトップへ

関連書籍

俗都市化

俗都市化

都市空間の分析に地理学が新たなメスを入る

 
 

このページのトップへ