ホーム > 中国環境汚染の政治経済学

中国環境汚染の政治経済学

中国環境汚染の政治経済学

現在中国で起きている環境問題を学ぶための入門書。

著者 知足 章宏
ジャンル 経済・経営
環境
テキスト > テキスト(経済・経営)
テキスト > テキスト(環境)
出版年月日 2015/05/30
ISBN 9784812215104
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

はしがき――未曾有の環境危機に直面する中国

序 章 現代中国における環境汚染への視座
      ――本書の狙いと目的

第1章 「最悪の大気汚染地域」をめぐる政治経済学
      ――貧困・開発・北京オリンピック

第2章 「癌村」とペット・フードの繋がり
      ――産業公害の背景にある「グローバル経済」

第3章 廃棄物・資源・汚染の狭間で揺れる政策
      ――E-Wasteリサイクル拠点としての中国

第4章 気候変動問題への責任は果たせるか
      ――進む体制構築と制度の「見切り発車」への懸念

第5章 4兆元景気刺激策と中国版グリーン・ニューディールの実態
      ――環境保全と乱開発の混沌

第6章 補助金と指令の環境政策
      ――太陽熱温水器の爆発的普及と低炭素都市政策

終 章 グローバル・イシューとしての中国環境汚染

このページのトップへ

内容説明

中国で深刻さを増す大気汚染と産業公害、廃棄物問題そして気候変動問題。

なぜ発生したのか、なぜ対策が実行されながら解決に至らないのかを、現地でのフィールドワークをもとに解明する。

このページのトップへ

関連書籍

東アジアのエネルギー・環境政策

東アジアのエネルギー・環境政策

日・中・韓・台湾のエネルギー・環境政策

著者:李 秀澈
 
 

このページのトップへ