ホーム > 地域研究 13巻1号

地域研究 13巻1号

地域研究 13巻1号

特集「ASEAN諸国における健康と環境―草の根からの共同体実現にむけて」

著者 地域研究コンソーシアム『地域研究』編集委員会
ジャンル 社会
人類学
歴史・地理
政治・政治哲学・法学
地域研究
シリーズ 地域研究
出版年月日 2013/03/10
ISBN 9784812213025
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

総特集 ASEAN諸国における健康と環境――草の根からの共同体実現にむけて

市民生活のガバナンスと地域統合の可能性(猪口孝・窪田悠一)

座談会
「ASEAN統合二〇一五ビジョンと日本のASEAN研究の課題」
(伊東利勝・清水展・徳田安春・山影進・猪口孝)


第Ⅰ部 ASEANバロメーターからみた健康と環境

生活の質――政策理念と現状(山本卓)

統計資料からみた環境問題の現状(坂口淳)

環境意識とその規定要因(笹岡伸矢)

環境問題と財政連邦制に対する人々の意識
  ――人々はどのレベルの行政機関が環境問題に取り組むべきだと考えているのか?(藤井誠二)


第Ⅱ部 フィールド調査から浮かびあがるコミュニティのガバナンス

参加を通じた廃棄物管理の環境ガバナンス
  ――フィリピンにおける近年の取り組みを中心に(ヴェラ・アティエンザ)

地域住民による土地・森林利用の実態とその変遷
  ――ラオス・サワンナケート県の丘陵地の村落の事例(百村帝彦)

高齢化するアジアと蔓延する糖尿病への対策
  ――フィールド医学の現場から(松林公蔵)

タイの生活保障におけるコミュニティの位置づけをめぐって(河森正人)


『地域研究』12巻1号特集へのコメント

このページのトップへ

内容説明

総特集 ASEAN諸国における健康と環境―草の根からの共同体実現にむけて

ASEAN諸国の人びとは、自分たちの健康や環境についてどのように考え、行動しているのか。多層的なガバナンスに注目しながらこの問題を考察する。

このページのトップへ