ホーム > 現代中国の宗教

現代中国の宗教

信仰と社会をめぐる民族誌

現代中国の宗教

現代中国を理解するための重要な手がかりに、文化人類学の視点でアプローチ。

著者 川口 幸大
瀬川 昌久
ジャンル 人類学
出版年月日 2013/01/30
ISBN 9784812212332
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫僅少
この本に関するお問い合わせ、感想
 

目次

序章 現代中国における宗教と信仰の諸相/川口幸大
第2章 「宗教文化」と現代中国――雲南省徳宏州における少数民族文化の観光資源化/長谷千代子

第Ⅰ部 公認された「宗教」をめぐるポリティクス

第3章 道教と現代中国――広東省における地方道教空間の再生と拡大/志賀市子
第4章 仏教と現代中国――浙江省象山県における仏教信仰/銭丹霞
第5章 キリスト教と現代中国――上海におけるプロテスタント教会にみる信仰と成治/村上志保
第6章 イスラームと現代中国――宗教管理機構と清真寺のポリティクス/澤井充生

第Ⅱ部 「宗教」と「民間信仰」のはざまで

第7章 気功と現代中国――河南省における気功師の神格化現象/ウチラルト
第8章 祖先祭祀と現代中国――水上居民の新たな儀礼の試み/長沼さやか
第9章 死者祭祀と現代中国――広州市近郊の村落における清明節と盂蘭節/川口幸大
第10章 少数民族の信仰・儀礼と現代中国――トゥチア、ヤオ、ショオを中心に/瀬川昌久
第11章 チベット仏教と現代中国――包摂と排除の語り/大川謙作

あとがき/瀬川昌久

このページのトップへ

内容説明

建国当初から文革まで弾圧されてきた中国の宗教。現在は改革開放路線において国民統合の象徴として積極的に管理・制度化されている。そのなかで人々の信仰の実態はどうなっているのか? 文化人類学の視点で描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

東アジアで学ぶ文化人類学

東アジアで学ぶ文化人類学

近くて遠い異文化への扉を開いてみよう

 
 
近現代中国における民族認識の人類学

近現代中国における民族認識の人類学

「中華民族多元一体構造論」を学術的に検証

著者:瀬川 昌久
 
 
極北の牧畜民サハ

極北の牧畜民サハ

現代世界にいかに適応しているのか

著者:高倉 浩樹
 
グローバリゼーションと〈生きる世界〉

グローバリゼーションと〈生きる世界〉

グローバリゼーション-生業関係の最前線

 
 
黄河断流
 
 

このページのトップへ