ホーム > 金 太宇

金 太宇

名前 金 太宇
カナ キン タイウ
 

プロフィール

1975年中国瀋陽市生まれ。中国の民間企業で8年ほど勤めた後、2002年留学生として来日。2008年京都精華大学人文学部卒業、2010年同大学院人文学研究科人文学専攻修士課程修了、2013年関西学院大学社会学研究科社会学専攻博士課程単位取得満期退学。社会学博士。現在、関西学院大学災害復興制度研究所リサーチアシスタント、関西学院大学、大阪経済大学、大阪産業学ほか非常勤講師。 専門:環境社会学、中国問題。 主な著作:「中国におけるリサイクルシステムの構築と課題――瀋陽市の再生資源回収業の事例から」(『環境社会学研究』17所収、2011年)、「政策の施行過程にみる廃棄物管理――中国・瀋陽市の農村における処分場建設をめぐる紛争の現場から」(『日中社会学研究』21所収、2013年)、「ごみ山を生きる人々の生活実践――中国・瀋陽市における廃棄物管理の制度的ジレンマ」(『日中社会学研究』23所収、2015年)、「廃棄物をめぐる管理と抵抗――中国における回収業に携わる移動民の生活知」(『関西学院大学社会学部紀要』122所収、2015年)。

このページのトップへ