1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
おとなのための動物行動学入門

【近刊】山極寿一京都大学総長推薦!

「こどもにはまだわからない、おとなの行動を、動物をモデルに深く掘り下げて考えると、そこには人間にとって未知の不思議な世界が広がっていた。モラルも倫理も男女のあり方も混とんとしてしまった現代社会に、多様な動物たちの行動を長年観察し続けてきた著者が、賢く楽しく生きる新たな道標を与えてくれる」

 
農業と経済 2018年7・8月合併号(vol.84 No.7)

【6月11日発売】『農業と経済』2018年7・8月合併号(vol.84 No.7)
《特集:どこまで進んだか、JA改革》
来年には改革の成果を「評価」されることとなるJA改革。ここまでその取り組みはどう進み、どういう成果をあげてきているのか。ほんとうに「組合員」の利益となる改革は実現できるのか。JAの形を大きく変える可能性を孕んだ改革のゆくえに迫る。

◎第Ⅰ部 改革の進捗をどう見るか ◎第Ⅱ部 各論点の検証 ◎第Ⅲ部 地域のニーズに応える改革方向

立ち読み
 
国際都市ジュネーヴの歴史

【6月新刊】『国際都市ジュネーヴの歴史―宗教・思想・政治・経済』

大川四郎・岡村民夫(編)
ISBN 9784812217306/A5上・336頁/本体5,500円+税

★我が国初となるジュネーヴの研究書。前半はその歴史を、後半は宗教・思想・政治・経済という多様な側面からジューネーヴをとらえる。

 
食の冒険

【6月新刊】秋道智彌(著)『食の冒険―フィールドから探る』

★人類学者が分け入るフィールドで必ずであう独特な「食」の世界。そこに暮らす人々の「生」に直結する食の世界への冒険にでてみよう。

ISBN 9784812217191/46上・304頁/本体2,600円+税

 
生態資源

【5月新刊】『生態資源―モノ・場・ヒトを生かす世界』

山田 勇・赤嶺 淳・平田昌弘(編)
ISBN 9784812217030/A5上・296頁/本体4,000円+税

★未刊・予約受付中人類も生態系の一部として、資源との持続的な関係を築き上げてきた。この「生態資源」のアイデアを核に、地球環境の未来を見据える。

 
教育法規スタートアップ・ネクスト

【5月新刊】クロスメディアで教員採用試験対策!

好評を博し、ver.3.0までバージョンアップを重ねた『教育法規スタートアップ』に続く、『教育法規スタートアップ・ネクスト』! WEB資料はQRコードからすぐに閲覧!

■本から広がる学びで理解が深まる! ■時事を反映してWEB資料が更新される!

 
農と食の新しい倫理

【5月新刊】秋津元輝・佐藤洋一郎・竹之内裕文 編著『農と食の新しい倫理』

★私達は何者として食べることに向き合っているのだろう。生産者、消費者の立場から食とその根本にある農業を倫理の視点で見つめ直す。

ISBN 9784812217207/46上・328頁/本体3,000円+税

 
滋賀県発! 持続可能社会への挑戦

歴代知事、武村正義氏、國松善次氏 推薦!
「あの赤潮発生以来、こうした専門書が世に出ることを心から願っていました」

長いあいだ、待ち望んでいた書物がでました。内藤さんと嘉田さん。二人の専門家が、びわ湖とびわ湖政策を、体系的総合的にまとめてくださいました。私は、あの赤潮発生以来、こうした専門書が世に出ることを心から願っていました。お二人に敬意を表し、この書物によって、びわ湖が再び世界に発信されることを期待します。
第43~45代滋賀県知事 武村正義

地球は海と山と平野で構成されている。滋賀県は、周囲を一千m級の山脈で囲まれた盆地で、その真ん中に世界屈指の古代湖「琵琶湖」がある。この盆地は「湖国」と呼ばれ、一本の河川で太平洋に繋がり、わが国の歴史や文化、産業の発展とともに、交通・産業・都市・学術の集積を促し、活力ある地域となってきた。しかし1977年、それが琵琶湖に赤潮の発生を呼ぶこととなった。これを機に湖国では「人と自然のあるべき姿」の模索が始まった。本書は、その拠点を担う琵琶湖環境科学研究センター10年の成果である。今こそ人類は世界の英知を集め、「持続可能社会のモデルづくり」を急がねばなるまい。
第49~50代滋賀県知事 國松善次

 
京のまちなみ史

【4月新刊】丸山俊明 著『京のまちなみ史―平安京への道、京都のあゆみ』2300円+税

目次
■平安京への道 編
 ヤマト王権の宮/大和朝廷の京/みだれたつ陪都/平安京という都城/平安京から京都へ
■京都のあゆみ 編
 秀吉の京都改造/徳川政権の建築規制/徳川政権の京都改造/町人がまもる町なみ/近現代の京都

 
農業と経済 2018年4月臨時増刊号(vol.84 No.3)

【3月1日発売】『農業と経済』4月臨時増刊号(1700円+税)

特集:錯綜するEPA/FTA動向と世界の農業・食料政策――日本の農業はどう対応するか

Ⅰ.総論 どうなる? 世界の農業・食料政策
Ⅱ.転換期を迎える「自由貿易」―EPA/FTAの動向、自由貿易協定の転換
Ⅲ.世界の農業・食料政策はどう変わる
Ⅳ.日本の農業はどこに向かうのか

立ち読み
 
RSS

新刊情報

国際都市ジュネーヴの歴史

国際都市ジュネーヴの歴史

日本初となるジュネーヴの研究書

 
 
食の冒険

食の冒険

フィールドで出会う「食」の世界とは。

著者:秋道 智彌
 
教育法規スタートアップ・ネクスト

教育法規スタートアップ・ネクスト

好評の教育法規テキスト改良版

 
 
農と食の新しい倫理

農と食の新しい倫理

農と食の関係を、倫理の視点でむすびなおす